【美容学生向け】美容室のサロン見学・企業説明会に行くときの注意点や服装

サロンに就職をお考えの美容学生さんへ。本記事では、美容室に就職する前のサロン選びのポイントや、サロン見学に関するノウハウをご紹介していきます。実際に採用を担当している人が、どんな点にいい印象を抱くのかについても触れているので、ぜひ参考にしてください。

目次

美容室に就職しようと思ったら

美容師になるためには、まず美容室に就職しなければなりません。また、ヘアメイクアーティストになりたいと思っても、多くのヘアメイク事務所では美容室での実務経験3年以上と求められることが多いので、美容室への就職が必須となります。

そんな美容室選びにとても重要なのが「サロン見学」や「企業説明会」です。

自分に合う会社を見つけるヒントや注意点、サロンに赴く時の服装などをまとめていきます。また、見学申し込み時の電話のかけ方や、見学後のお礼状の書き方の例文まで紹介いたします。

1. ヘアサロン見学と企業説明会

サロンに直接行く「サロン見学」と、企業や学校が主催する「企業説明会」。どちらも、就職活動の上では、サロンとのファーストコンタクトになることが多いでしょう。

単独対応か、複数人対応かはサロンによって異なります。

話を聞いてるサロンが、「面接を受けたいサロン」になるかもしれませんので、印象に残るような姿勢で話を聞いてみると、逆にサロンから「うちで一緒に働かないか?」と逆オファーがもらえるなんてこともあるかもしれません。しっかりと準備を整え挑みましょう。

2.自分に合うヘアサロン探し

「どのようなサロンに就職したいのか」

全国25万件ある美容室から自分が意志を持って「働きたい」と思える美容室を探すことができるかどうかは、沢山の情報と自分の理想や想像を照らし合わせて、考えなければなりません。

1. 自分の美容師像をイメージする

美容師と一括りに言っても、働く会社によって、働き方は大きく変わってきます。コンテスト重視のクリエイティブ系美容室もあれば、小規模でゆったりとした雰囲気の美容室もあります。

やりたいことをピックアップして、それに見合うサロン選びをするといいでしょう。

【ヒント】
・海外で働きたい
・ヘアメイクを学びたい
・ネイルやマツエクなど、トータルビューティーを学びたい
・有名美容師さんのようになりたい
・芸能人を担当したい
・撮影や作品撮りなどをたくさんしたい

一般的に企業では、3年以上の就職履歴がないと再就職の際もなかなか内定がもらえません。

ですから、最低3年の就労が大切です。たとえ3年未満に辞めてしまっても、再就職の面接で聞かれた際には、しっかり辞めた理由を考え、これからの働くことに取り組む意識をしっかり伝えましょう。

『サロンが合わなければ、すぐやめて次のサロンで働けばいいや』と、就職する事を簡単に考えず、就職する前に自分が合わせやすく、スタイリストデビューまで長く勤められるサロン探しが大切です。

2. お客様として見に行く

お客様の目線で、美容室を探すのも1つの手段です。

見学や説明会と違って、必ず1:1で話す機会があると思うので、サロンの雰囲気やスタッフとの会話がよりイメージと合うか照らし合わせられると思います。美容学生であることを伏せて話を聞く方が、普段通りの接客を見ることが出来ます。

そのあとに、見学などで詳細な募集要項などの確認も行った方がミスマッチを防ぐことができるでしょう。

3. 興味のあるヘアサロンを見つけたら・・・

実際に興味のある美容室やサロンを見つけたら、就職に向けて活動を始めていきます。どのような順序を踏んで就職活動をしていくかについて、ご紹介します。

1.サロン見学のアポを取る

突然の訪問では、サロン側も受け入れてはくれませんので、事前に必ずアポイントを取りましょう。

申し込み方法を確認する

ホームページや求人サイトなどで申し込みを行うか、電話やLINEなどのSNSを利用しての応募もあると思います。サロンによって違いますので、まずはネットで調べ、分からないことがあれば電話やメールで確認するといいと思います。

電話のかけ方】

電話をかける際は、混み合う土日祝は避け、開店直後や閉店間際も避けた方がいいでしょう。

「○○専門学校の△年、××と申します。△△求人サイトで(サロンを選んだきっかけ)、御社の求人情報を拝見しました。ぜひ、サロン見学させて頂きたいのですが担当者さんは、お手すきでしょうか?」

・専門学校、学年
・名前
・サロンを選んだきっかけ(説明会・求人サイト・卒業生など)
・要件

担当者に代わってもらったら、もう一度、「学校名~サロン見学をさせていただきたいのですが」と名前等を名乗り、営業中で忙しいかもしれないので、簡潔に丁寧に伝えましょう。

日程時間を決める際には、サロン側の都合に自分が合わせるようにしましょう。土日は美容室は混みやすいので、できるだけ平日に訪問できることが望ましいです。

日程や担当者の名前と場所の確認を再度復唱し、しっかりメモを残しておくと安心です。

最後に、営業中に対応してくれているので

お忙しい中、対応して頂きありがとうございます。サロン見学当日はお世話になります。

と感謝の気持ちを伝えておくと、好印象です。

2. サロン見学や説明会などのときの服装

面接ほど、かしこまった服装でなくてもいいと思いますが、カジュアルすぎたり、だらしなくなく見えてしまうのは損をしてしまいます。

しわや汚れなどのない清潔感のある服装を心がけましょう。赴く美容室の雰囲気を参考にするのもいいと思います。髪の色も、ハイトーンがNGというよりは、色の抜けきったパサパサな髪の毛では「美容師の卵」として印象がいいとは言えません。

サロン見学の時に「ぜひ一緒に働きたい」と相手に思わせるには、見た目の印象も大切ですので、しっかりケアをして準備していくことが望ましいでしょう。

3. 事前確認

初めて行く場合は必ず場所の確認を行いましょう。特に都会は、建物が多く道に迷ったり、電車の遅延や乗り間違えなどで遅刻してしまったりしやすいです。

ですが、就職活動の一環の見学や説明会ですから、社会人として時間厳守は鉄則です。

また、お客様の予約を調整して時間を空けてくれている場合もありますから、遅刻をしてしまうと確保されていた時間がなくなり、聞きたかったことが聞けないなどとなる場合もあります。時間に余裕をもって、遅刻しないように現地へ向かいましょう。

4. 見学時の質問

見学の時は、必ず「質問はありますか?」と聞かれることは多いと思います。時間は限られていると思いますので、知りたいことに優先順位をつけて置くといいでしょう。

質問内容は、事前にサロンをリサーチし、経営理念や事業コンセプトなどを把握したうえで質問をすると、よいアピールになります。WEBサイトなどに書いてあることを質問してしまうと時間がもったいないので、下調べは大切です。

【重要確認事項】
①コンセプトや今後の展望
永く働くうえで、サロンとしてどのように描いているのかは、しっかりと共有したい部分です。ここがずれてしまうと、入社後のミスマッチに繋がりますので、しっかり確認しましょう。
②配属先
多店舗ある場合は、配属店舗の決まり方もサロンによって違います。引っ越しが必要な場合もあるかと思いますので、希望の店舗で働けるかどうかなども確認が必要です。
③教育環境や1日のスケジュール
入社間もない頃は、練習することが大半になるかと思います。入社後をイメージできるくらいには、事前に把握しておいた方がいいでしょう。

5.当日の注意事項

見学や説明会当日は、笑顔で、しっかりハキハキと話しましょう。名乗る際は特に、愛嬌良く目を見て話すことが、マナーの一つです。

また、担当者が話しているときも、相手の目をみて頷くなど「傾聴」の姿勢を取りましょう。メモを取ることも大切ですが、限られた時間の中で、しっかりとコミュニケーションを取れると、相手にもよい印象がのこり、もし面接を受けることになった時も有利に働くかもしれません。

そして、終わった後は、しっかりと感謝を伝えお店を後にしましょう。帰宅後に、複数のサロンを見ている場合は、混同しないようにまとめておくと、のちに比較がしやすいと思います。

6. サロン見学を終えたら、お礼状を書くと好印象

サロン見学の後日に、見学者からお礼状が届くのと届かないとでは、面接をした時の印象も有利になるかもしれませんので、見学を終えたらすぐに、お礼状を書くといいでしょう。

【例文】

株式会社○○              令和〇年 月 日

△△美容室の皆様へ

                   専門学校 〇年 □□□□□□□□

拝啓

時下ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。

先日はお忙しいところ、私のためにお時間を頂戴し、ありがとうございました。

(サロン見学の感想)

生き生きと働かれている御社の先輩方をみて、より美容師になりたい想いが強くなり、

是非とも一緒に働かせて頂き、技術を学びたいと思いました。

また、丁寧に質問に応えていただけましたこと、とても嬉しかったです。

まずは、お礼を申し上げたくお便りいたしました。

ありがとうございました。    

                        敬具

例文は、あくまで例えになりますが、自分の感じたこと、感謝の気持ちを伝えましょう。そうすれば、相手にも気持ちは届くはずです。

将来の自分のための就職活動をしよう

サロン見学は、実際に働いている先輩美容師さんたちに会えて、生の声を聞ける貴重な体験です。就職した後に、「こんなはずじゃなかった」と後悔しないために、事前に準備をして質問事項を確認し、相手とのミスマッチが起きないよう備えて挑みましょう。

また、企業説明会を開催した会社への訪問も、不特定多数を対象とした会ではありますが、サロン見学の時と同じように、自分が見られている意識で参加することが大切です。印象の良し悪しは、のちの採用面接に関わってきますので適度な緊張感を大切にしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

abie hair在籍。株式会社カプラスの採用担当として、企業説明会や学校訪問など採用活動の全般に携わってきた経験を活かして、美容室採用のノウハウを配信していきます。

目次
閉じる