【美容室で働く】教育カリキュラムを紹介『トリートメント』#13

トリートメントについて知りたい方へ。本記事では、トリートメントのメリットから方法まで大公開!ぜひ参考にしてみてください!

目次

トリートメントの効果

髪は、紫外線やドライヤーの熱、摩擦など日々様々なダメージを受けています。そして冬には乾燥といった潤い不足がプラスされてきます。トリートメントは、そんな髪の内側から栄養を届け、キューティクルを整えて髪の状態を良くしていく効果があります。

目的としては、内部補修、ダメージ補修、毛髪表面の保護、指通りを良くする、静電気防止などがあげられます。

トリートメントの種類と工程

abie hairでは主に2種類のトリートメントを使っています。それぞれ手順が異なるので覚えるようにしましょう。

1. Aujuaのトリートメント工程とやり方

Aujuaのトリートメントは4STEPと5STEPがあります。

4STEPは、リペアリティ・クエンチ・クエンチモイスト・フィルメロウ・アクアヴィア・スムースの6種類。
5STEPは、タイムサージ・エクイアル・イミュライズ・ディオーラムの4種類です。

【Aujua 4ステップ工程】

シャンプー後、洗い流す前に泡を毛先に集めて泡パック&泡なめしを行います。粗めのコーム(ジャンボコーム)でキューティクルを整えてからなめしをしましょう。※タオルドライ無し

①リキッド(浸透促進、コルテックス補修)

10パネルに分けるときは

・ショート(S):1パネル3プッシュ
・ミディアム(M)ロング(L):1パネル5プッシュ
※シャンプー台で4パネルに分けるときは、M・Lで1パネル10プッシュ

中間~毛先に塗布し、しっかり揉みこみコーミングします。

②クリーム(脂質補給=CMCの働きを補う)

Sは9g、Mは15g、Lは18g
各パネルごとにハケを使って中間~毛先に塗布し揉みこみます。

☆この後スプレイヤーで水分補給をします。(白浮きが無くなるくらいまで)少し揉みこみます。

③フォーム(浸透補助、表面を整える)

10パネルに分けるときは

・S:1パネル2プッシュ
・M:1パネル4プッシュ
・L:1パネル5プッシュ
※シャンプー台で4パネルに分けるときは、Mで7プッシュを目安に行いましょう。

髪全体に行きわたるように根元付近からコーミングします。その後、1パネル8秒×3回のなめしをしていきます。ここで、キューティクルの向きを整えます。

【なめし技術
”なめし”とは髪を滑らかにする技術です。ゆっくりと髪をなでて毛髪一本一本に浸透させるイメージで行います。掌と掌を併せて中間~毛先にかけて整えていきます。

1分30秒程かけて表面に残ったクリームを、ぬめりがなくなるまで流します。その後、しっかりと水分を切ります。

④クリーム(キューティクル補修)

Sは9g、Mは15g、Lは18g
②と付け方は同じです。根元付近からコーミングをしてなめしを行います。

すすぎ残しがないよう20秒程軽く流して終了です。

【Aujua 5ステップ工程】

シャンプー後泡パック&泡なめし、ジャンボコームでのコーミングをし流したらタオルドライします。

①リキッド(CMC拡張準備・ケラチン補給)

根元から毛先中心に塗布(付け方は4ステップの①と同様)

②クリームorジェル(CMC拡張・CMADK導入、補修成分の定着準備)

2番はディオーラム、イミュライズ、タイムサージはクリーム状です。付け方は、毛先~根元に塗布し揉みこみます。

Sは9gMは15gLは18gです。

エクイアルはジェル状です。これは、レングス関係なく18g用意しましょう。

付け方は、トップの根元にのみ塗布します。地肌ギリギリから3cmくらいまでを1.5cmスライスで、4パネル計8スライスに塗布し揉みこみます。

③クリーム(脂質補給、補修成分の定着準備・脂質補給)

毛先~中間に塗布し、根元を外してコーミングし、全体になじませます。エクイアルのみ、中間~毛先に塗布コーミングします。その後、全てスプレイヤーで水分を十分に補給し揉みこみとなめしを行います。

Sは9gMは15gLは18gです。

④シャンプー(補修成分の導入)

握りこぶし一個分が浸かるくらいのぬるま湯を、シャンプーボウル内に溜めます。その後シャンプーをぬるま湯に溶かします。髪全体にチェンジリンスで馴染ませます。(10回程度)

エクイアルのみ、中間~毛先にチェンジリンスします。(10回程度)その後根元の剤を馴染ませます。Sは1プッシュMは2プッシュLは3プッシュです。

1分30秒程中間水栓し、しっかり流します。

⑤ヘアトリートメント(キューティクル補修)

中間~毛先に塗布し、コーミングで全体に馴染ませます。よく揉みこんだらなめしを行います。Sは1プッシュMは2プッシュLは3プッシュです。

すすぎ残しが無いよう20秒程流して終了です。

2. AVEDAのトリートメント工程とやり方

AVEDAは主にボタニカルリペアとニュートリエントの2種類のトリートメントがあります。

【ボタニカルリペア】

①プライマーはウェット状態のかみに30スプレー塗布します。
②アクティブはカラー剤に混ぜるときは5ml(カラー剤40gに対して4プッシュ)、そのまま使用するときは10ml(ミディアムヘアで8プッシュ)
③ボンドトリートメントは20ml(レングスに合わせて使用)

リッチとライトがあるので髪質に合わせて選定しましょう。

髪全体に塗布しコーミングした後、タッピングをしてよく馴染ませます。その後5~10分放置します。

リッチ・・・普通毛~多毛・硬毛、よりしっとりでなめらかな仕上がり
ライト・・・細毛・軟毛~普通毛、軽い仕上がり

【ニュートリエント】

シャンプー後にタオルドライした後トリートメント塗布していきます。髪全体に塗布しコーミングした後、タッピングをしてよく馴染ませます。その後5分放置します。ディープとライトがあるので髪質に合わせて選定しましょう。

ディープ・・・普通毛~多毛・硬毛、深い潤いでしっとり保湿
ライト・・・細毛・軟毛~普通毛、瞬時に保湿しみずみずしく潤う

お客様の髪をより美しくしよう!

abie hairで取り扱っているトリートメントの種類と工程、やり方について解説しました。トリートメントは、薬剤の塗布の仕方や馴染ませ方によって、得られる効果の高さが変わってきます。上手にトリートメントできるようになって、お客様に喜んでもらいましょう!

また、トリートメントの種類ややり方を覚えるのも大切ですが、どんな髪質に効果があるのか、どんな成分が含まれているかなどの知識も持ち合わせていると、お客様との会話もスムーズにできるようになるので、合わせて頑張ってみてください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

abie hair 在籍。新店舗オープンに携わりながら現在ディレクターを務める。女性美容師ならではの視点でエイジレスな女性に必要な情報を発信します。

目次