【美容室で働く】教育カリキュラムを紹介『ヘッドスパ(クイック)#14』

今や美容室での当たり前のメニューになりつつあるヘッドスパ。単なるリラクゼーションメニューと思われがちですが、お悩みに寄り添うことで嬉しい効果も期待することができます。ここでは、ヘッドスパに必要な知識と技術を一気に紹介していきます!

目次

ヘッドスパって?

頭皮エステの事を『ヘッドスパ』といいます。頭皮の汚れを落としたり、マッサージしたりすることで髪の毛と頭皮にアプローチして髪の健康を促進します。ここからはヘッドスパの嬉しい効果とやり方について解説します。

髪と頭皮を健康に

 血行促進

髪の毛へ十分な栄養を届けるためには血行の良さが不可欠です!頭皮の凝りほぐし、血流を促進することで健康的な髪の毛へ導きます。頭皮の凝りをほぐすことで血流が改善されすっきりとした気持ちに。頭皮の凝りはストレスや目の疲れなどから起こるため、マッサージをすることでそうした疲れを解消できます。

リラックス&デトックス

自律神経が乱れると、体に様々な不調をきたします。「交感神経」が優位にたつとイライラしたり、体のこりや冷え、不眠などの症状が出やすくなります。ヘッドスパでリラックスを促し「副交感神経」の働きを改善させることが期待でき、自律神経のバランスも整え、リラックス&リフレッシュする事が期待できます。目の疲労やストレスから気づかぬうちに凝り固まった頭皮を、マッサージする事でリンパの流れも良くり老廃物を体外に排出してくれます!

薄毛予防

頭皮環境が整う=髪の毛が成長しやすい・健康に育ちやすい状況になるという意味です。そのためヘッドスパを行うことで薄毛・抜け毛対策や育毛対策にも効果を期待できます。

リフトアップ

顔と頭は1枚の皮膚でつながっています。そのためヘッドスパで頭皮をマッサージして凝りをほぐすと、顔面を持ち上げる筋肉にも刺激が加わり、リフトアップやたるみの解消を期待できるのです。

美髪効果

ヘットスパをすると、血流がよくなり頭皮の環境が改善されることで髪の毛の悩みの改善に繋がることも。薄毛や抜け毛、白髪や毛のうねりなどは頭皮の状態が悪化すると起こりやすいため、ヘッドスパで日頃の悩みを解消できるのです。

クイックスパ

ここからは、お店で実際に施術の際にするマッサージの技術を解説していきます!

クイックスパの技術の効果

・頭皮の疲れをほぐすことによって与えるリラクゼーション効果

・頭皮の血行を促進させることで美しい髪を育む頭皮に導く効果

・頭部の筋肉の緊張をほぐすことによる顔のリフトアップ効果

・頭部、肩、首周りのリンパの流れを良くする事によって老廃物のはいしゅを促す小顔効果

塗布

頭頂部から生え際に向かって放射線にラインをとって素早く塗布していきます。

マッサージ1(安らぎと薬液浸透)

トップの髪を分け取り指先から差込みます。反時計回りに3回優しく撫でるようにまわします。右手のひらが浮かないように気をつけましょう。次に、耳上の両サイドに指先から手を差し込み手のひらが浮かないように気をつけながら3回まわします。ネープから手を差し込み反時計回りに3回まわします。手のひらが浮きやすい場所なので特に気をつけます。両方の耳後ろからネープまでしっかり薬剤を伸ばしていきます。

マッサージ2(リフトアップマッサージ)

フロントに軽く開いた4本の指をセットして前頭筋を引き上げて3秒完停止します。そのまま親指に向かってスライドさせます。これを3回繰り返します。

再び、同じ位置にセットします。前頭筋をとらえ3回くるくるとマッサージします。指1本分ずつ後ろに移動して3線マッサージします。

次に、両手の4本の指先を後頭部にセットします。後頭筋を引き上げてまた後頭部にセットし、そのまま3秒間停止します。これを3回繰り返します。

両手の指先を、風池にセットして3回マッサージします。指1本分の幅づつ真上に移動しながら3回マッサージします。

両手の4本の指を頭頂部にセットします。正中線に向かって寄せて3秒間停止します。小指が前の中指の位置に移動しながら3回マッサージします。

マッサージ3(アイリフトマッサージ)

両手の4本の指を軽く開いて生え際にセットします。側頭筋を引き寄せてそのままスライドさせます。これを3回繰り返します。

生え際に手をセットします。側頭筋をとらえて3回マッサージします。指1本ずつ後ろに下がって3線マッサージします。そして、両手を側頭部にセットします。手のひらの丘で側頭筋を3秒かけて持ち上げ圧迫をします。指1本分の幅ずつスライドさせで3箇所圧迫していきましょう。

マッサージ4(むくみをとって小顔にする)

親指を立てるように生え際にセットして頭頂部ら側頭部にむけて指先を滑らせます。指1本分ずつずらしながら7線マッサージしていきます。

両手の4本の指を軽く開き正中線にセットします。側頭部に向けて滑らせます。これを3回繰り返します。同様に後頭部を3回マッサージします。そして、両手の指先を風池にセットします。風池を押し上げて3秒間停止します。これも3回繰り返したら、親指でフェイスラインから耳後ろまでリンパを流すようになぞり、「お疲れ様でした。」とお客様にお声がけをして終了です。

まとめ

ヘッドスパマッサージはリラックスしていただくことが第一です!心拍数より少し遅めぐらいのスピード感を意識して眠ってしまうような時間を提供できるようにしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CARINO編集部です。美容師さんやヘアメイクアーティストさんに役立つコンテンツを発信します。

目次
閉じる