【千葉】おすすめ子供写真スタジオ10選|記念撮影でチェックしたいポイントや相場とは?

千葉県内で子どもの記念写真撮影をお考えの方へ。本記事では、子どもの記念撮影にぴったりな、オススメの写真スタジオをご紹介します。子どももその家族もストレスなく撮影できる、写真スタジオを選ぶためのチェックしたいポイントも、ぜひ参考にしてください。

目次

千葉県内の子ども写真スタジオの選び方

七五三や入学・入園式など、特別な日の写真を撮影したいときにオススメなのが、プロに撮影してもらえる「写真スタジオ」です。普段は着ないような可愛い衣装や豊富な写真プラン、インテリアや小物・道具が揃ったスタジオがたくさん増えていて、どこを選んだらいいか迷ってしまうほど。そこで、小さいお子さんでもストレスなく記念撮影ができる写真スタジオを選ぶ、3つのポイントをご紹介します。

写真撮影の目的からスタジオを選ぶ

子どもの記念写真といえば、七五三や入園・入学などのイベントごとの撮影から、成長記録のための自由な姿を写真に残す撮影までさまざまです。写真撮影の目的がイベントに合わせたものであれば、衣装や小道具、撮影プランが豊富に展開されているフォトスタジオや写真館がオススメです。

成長の記録として写真撮影をする場合は、「ハウススタジオ」というスタジオを選択することをおすすめします。ハウススタジオとは、一軒家やマンションの一室が撮影スタジオとなっていて、家具や雑貨が揃っており、普段の生活の中にいるような自然な写真を撮影することができる写真スタジオです。開放的な空間でお子さんが自由に遊んでいる姿を、プロのカメラマンが撮影してくれることが特徴で、普段自分で撮影していると撮ることができない、親子のツーショットを残すこともできます。

子どもがストレスなく撮影できるようなスタジオ

特に小さいお子さんの写真撮影をする場合、長い撮影時間に飽きてしまったりぐずってしまったりして、いい表情の写真が撮れなくなってしまうことも多々あります。子どもがストレスなく、楽しんで写真撮影ができるスタジオを選びましょう。例えば、撮影時間があまりにも長いと、お子さんが飽きてしまったりぐずってしまったりする原因になります。子どもが楽しく遊んでいるうちに撮影してくれるカメラマンがいるところを選びましょう。

一方で、慣れない場所や人見知りが原因でぐずってしまうお子さんもいます。そういった子の場合は、余裕を持って撮影してくれるフォトスタジオがおススメです。場の雰囲気や衣装、カメラマンに慣れる時間をゆったり作れる、貸切のスタジオなどが良いでしょう。

子どもがストレスなく撮影できるフォトスタジオかどうかを知るには、口コミを参考にしてみましょう。自分の子どもと似たような性格の子が、どのような対応をしてもらえたのか、結果的にいい写真撮影ができたのかなど、参考にすることができます。一度公式サイトや口コミサイトなどで確認してみると、スタジオ選びの失敗を避けることができます。

料金だけで比較すると落とし穴があるかも

フォトスタジオや写真館によって、提供されているプランはさまざまですが、どこのスタジオでも大抵「基本プラン」が用意されています。しかし、「基本プラン」の料金だけをみて他店と比較してしまうと、思わぬ落とし穴があったりします。

スタジオでの写真撮影といえば、一般的に撮影料に加えて、衣装レンタル料・データ料・プリント料・アルバム作成料などがかかりますが、「基本プラン」にどこまでが含まれていて、どのサービスが別途料金なのかはフォトスタジオによってさまざまです。

料金設定でスタジオを比較する際は、受けたいサービスの合計の料金がいくらになるのかを総合して比較するようにしましょう。それぞれのサービスの料金やプラン説明が、詳しく分かりやすいところだと安心です。

千葉県内でおすすめの子ども写真スタジオ10選

ここからは、千葉県内にあるオススメの子どもフォトスタジオを10選ご紹介します。上記の子ども写真スタジオを選ぶポイントをおさえながら、チェックしてみてください。

ライフスタジオ (千葉フォレスト店、市川店、新松戸店、四街道店)

日本の子ども写真スタジオで初のハウススタジオ型を生み出し全国に広めた「ライフスタジオ」が、千葉県内でも4店舗を展開しています。どの店舗も魅力的で、他のハウススタジオとはまた違った個性豊かな店舗が揃っています。普段は見慣れない景色での特別な撮影に、きっとお子さんも楽しく撮影ができるはずです。個人の撮影に限らず、ロケーションを生かした兄弟全員揃っての撮影や親子での撮影なども感動的な一枚に仕上がりオススメです。

サラハウス (柏市)

柏の葉T-SITE内に隣接するサラハウスは、「いつも優しく子どもたちを招き入れてくれるサラおばさんのお家」というのがコンセプト。他のフォトスタジオとはまた一味違い、まるで外国のお家におじゃましてるようで、ワクワクが止まらない異国の雰囲気を纏うスタジオが特徴です。貸切で撮影ができるので、リラックスした自然な姿と笑顔を写真におさめることができます。兄弟など、家族なら何人が参加しても追加料金がないのが魅力的です。

ホリデイフォトスタジオ (市川市)

ホリデイフォトスタジオは、『お客様一組一組の家族の歴史に寄り添い「おかえり」と毎年お迎えできるようなアットホームな雰囲気』がコンセプト。また、こちらのフォトスタジオは、先にご紹介したフォトスタジオ、「ライフスタジオ」から独立したスタッフさんが立ち上げています。長い間「ライフスタジオ」で培われた経験と技術から、楽しさと、安心感、そして少しの驚きがプラスされた温かい写真が魅力です。

ハレノヒ東京 (津田沼店)

『ハレノヒ東京(津田沼店)』は、2020年9月に東京・初台店と共にオープンしたばかりの新しい写真スタジオで、家族の特別な1日を撮り続ける存在になることを目標に運営しています。多数の受賞歴を持つ実力派のカメラマン2名が在籍しており、写真の技術は文句なし。さらに、2児の母であり資格と豊富な経験を持つスタイリストが2名在籍していることで、子どもや家族の気持ちに寄り添った撮影をサポートして貰えます。

フォトスタジオピクチャー(千葉市)

「フォトスタジオピクチャー」は、「幸せ溢れる子供の笑顔を残す」ことを目指している子ども写真専門のフォトスタジオで、子ども専属の女性スタッフがついてくれることで、安心して撮影をすることができます。また、オプションやプランもわかりやすく提示されており、内容も充実しているので、フォトスタジオでの記念写真が初めてのご家族にオススメです。気になった方はぜひ一度公式サイトをご覧ください。

こども写真館スタジオことり(千葉市)

「こども写真館スタジオことり」は、隠れ家のような写真館で、館内には余白を活かしたシンプルなスタジオと、可愛い雑貨に囲まれたスタジオがあります。撮影は一つにスタジオにつき一組の完全貸切状態で、お子さんもご家族もリラックスした状態で写真撮影をすることができます。子ども好きなスタッフが緊張をときながら撮影を進めてくれるので、初めての場所が苦手なお子さんでも安心です。

Hana studio(船橋市)

「Hana studio」は「光と影、その輝きを知れば人生のどんなシーンも美しい。」を経営理念として掲げ、特に、自然の光が入る洗練された撮影技術を提供することを心がけられたフォトスタジオです。スタジオは、広いお庭に撮影ポイントが用意されており、着物によく合う「和ブース」やドレスに裸足で撮りたい「イングリッシュガーデンの小道」など、子どもと自然が綺麗に調和した1枚を写真に納めることができます。

ナチュールフォトスタジオ(千葉市)

「ナチュールフォトスタジオ」は、2008年から数多くの赤ちゃんと関わってきた「ベビーのプロ」が撮影してくれる写真スタジオです。撮影は1日2組に限定していて、おうちにいる感覚でゆっくり撮影して貰えます。2019年夏からは「ニューボーンフォト×産後ケア」事業、産院フォトも新たにスタートしている企業で、代表自身が2男1女の母であり子育て経験も豊富なことから、育児についての悩みも相談ににってくれる、あたたかいフォトスタジオです。

家族写真のすすめ (鎌ヶ谷駅前店)

「家族写真のすすめ(鎌ヶ谷駅前店)」は、子ども写真が得意な千葉県鎌ヶ谷市にあるフォトスタジオで、空き店舗物件をスタッフが手作りした撮影セット、ワンフロアーコンパクトスタジオが特徴です。我が家のような雰囲気をつくることで、人見知りな子も慣れない場所が苦手な子もリラックスすることができ、自然な表情を撮影することができます。ナチュラルな自然光写真でオシャレという口コミや、子どもが人見知りすることなくイキイキと撮影をして驚いたという親御さんの声もありました。

Studio Cocoa (スタジオココア柏マルイ店)

「Studio Cocoa(スタジオココア柏マルイ店)」は、関東4都県に10店舗展開する、創業45年の写真スタジオで、1組1組しっかりとお客様へ向き合うために1日の撮影を限定しているというフォトスタジオです。当日の子どもの負担を軽くするために、ご家族が事前来館をして撮影プランや衣装などの打合せをするシステムがあります。衣装は、古典柄から人気の和モダン柄、ブランド着物まで揃っていますが、小物や衣装は持ち込みOKなので、理想のスタイルがあったら相談してみてください。

その時しか撮れない瞬間を形に

千葉県内でオススメの子どもフォトスタジオをご紹介しました。子どもの成長は早いもので、その時その時の瞬間を形に残すことは特別なことです。また、スマートフォンで簡単に写真を撮ることができる時代ですが、子どもを撮るのに夢中なばかりに、自分と子どもが写っている写真や家族写真が少ないことに気づかなかったりします。ぜひ今しかない瞬間を、家族全員で一枚の写真に納めてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

izumi izumi ATELIER CARINO 編集長

ATELIER CARINO編集長。最大手美容学校グループの国試対策の全国模試において、トップの過去実績あり。行動と同時に頭で考える思考派。アシスタントとして、スタイリストデビューを目指す傍ら、Z世代のリアルを反映した「新しい美容師」としてのキャリアや可能性をメディアを通じて発信。

目次
閉じる