化粧崩れ対策|汗や水に負けないベース作りのポイントとおすすめアイテムご紹介

化粧崩れにお悩みの方へ。本記事では、化粧崩れの原因から対策、崩れにくいベースメイクのコツやオススメアイテムまでご紹介します。せっかく頑張ったメイクが1日持たずに崩れてしまうという方は、ぜひ参考にしてください。

目次

化粧崩れの原因3つ

化粧崩れの原因は主に下地やコンシーラー、ファンデーションといったベースメイクのヨレによるものです。化粧の土台となるベースメイクが崩れてしまうと、その後重ねていくアイシャドウやアイブロウなども一緒に崩れてしまいます。ここからは、そのベースメイクが崩れてしまう原因と理由を挙げていきます。

化粧崩れの原因1.汗

特に夏の暑い時期に多く分泌される汗は、化粧崩れの原因になります。毛穴から出てくる汗はほとんど水からできており、水に弱いパウダーファンデーションやフェイスパウダーなどをすぐに流してしまいます。また、肌にしっかり密着していないメイクも浮きやすく、汗によって崩れてしまいます。

化粧崩れの原因2.皮脂と乾燥

小鼻の周りや額で特に多く分泌される皮脂は、化粧崩れの原因になります。皮脂は、汗のように暑さで多く分泌されるというわけではありません。肌が乾燥することと皮脂の量は関係なく見えますが、乾燥によって肌の水分量が減ることで、皮脂の占める割合が大きくなってしまうのです。化粧品は主に油分でできているため、皮脂と混ざり合うことで油分が多くなり崩れてしまいます。

化粧崩れの原因3.間違った下地作り

間違った下地作りは、化粧崩れの原因になります。例えば、メイクを始める前にしたスキンケアの化粧水や乳液がまだ肌になじんでいない状態でメイクを始めてしまうと、肌と化粧品との間に油分や水分が入り込んでしまうため化粧崩れをしやすくなってしまいます。また、下地やファンデーションの塗る量が多過ぎたり肌質に合っていないものを使っていたりすると、肌に密着してくれずに崩れる原因になります。

化粧崩れの対策

化粧崩れを防ぐには、前述にあった原因に対してひとつひとつ対策をしていく必要があります。使用していくアイテムを変える以外に、スキンケアの段階から対策をしていくとより崩れにくいメイクにすることができます。先ほど挙げたメイクが崩れやすい原因である汗、皮脂と乾燥、間違った下地作りに対する対策方法をご紹介していきます。

汗対策

まずはスキンケアの時に使う化粧水を、収れん化粧水に変えてみましょう。汗は、毛穴から出てきます。収れん化粧水は毛穴を引き締めてくれる効果があるので、制汗作用に期待できます。また、メイクができあがった後、「フィックスミスト」を仕上げに上から吹きかけると、汗をかいても崩れにくいメイクになります。「フィックスミスト」とは、メイクの上に一枚皮膜を張り化粧崩れをさせないために吹きかけるもので、ウォータープルーフ効果があるものや、サラサラ感を出してくれるパウダーが配合されているものなどがあります。

皮脂・乾燥対策

スキンケアの際、肌の水分補給のために化粧水はしっかり浸透させ、油分の多い美容液や乳液は、化粧水が蒸発しないよう膜を張るくらいの必要最低限の量にとどめましょう。ベースメイクでは、一番最初にフェイスパウダーを薄く広げたり、皮脂を吸着してくれるパウダーが配合された化粧下地を使ったりすることで、皮脂による化粧崩れを防いでくれます。テクスチャーが重めのファンデーションや秋冬向けの保湿力の高いファンデーションは、油分が多く化粧崩れの原因となってしまうので避けましょう。

正しい下地作り

メイクを始める前のスキンケアは、余計な油分を軽くティッシュオフするなどして抑え、しっかり肌に馴染みこませます。元々顔の皮脂が多いオイリー肌の方は特に、粒子が細かく付け心地の軽いフェイスパウダーや皮脂を吸着するパウダーが配合された化粧下地を薄づけしましょう。毛穴を埋めるイメージで、くるくると円を描くようにムラなく伸ばします。ベースメイクに入るまでに、こうしたひと手間を加えることで、化粧崩れを防止できます。

ベース作りのポイントとコツ

下地をきちんと整えた後のベースメイクは、塗りすぎに注意することで化粧崩れを防ぐことができます。顔の中でも、皮膚の動きが多いところや皮脂の分泌が多いところなど、メイクが崩れやすいポイントが場所によって異なります。塗る量や伸ばす方向などに気をつけながら、崩れ知らずのベースを作りましょう。

リキッドファンデーション

崩れにくさを重視する場合は、ファンデーションの中でも水分量が多く肌に密着しやすいリキッドタイプのファンデーションを使うことをオススメします。全体的に薄づきを意識して、特に動きの多い目元や口周り、皮脂の分泌が多い小鼻周辺などは塗りすぎないよう注意しましょう。顔の中央から外側に徐々に伸ばしていくように塗ると、顔の立体感を作り出すこともできます。塗り終わったら、軽く水を含んだスポンジで上から叩き込むように抑えると、余分なファンデーションは取りつつ肌に密着させることができるので、さらに崩れにくくなります。

肌トラブルカバー

ニキビ跡やクマなどを隠すのに必須のコンシーラーは、崩れにくさを重視すると、伸びが悪く浮いてみえやすいというデメリットがあります。気になる箇所につける際は、そこだけ浮いて見えないようしっかり境目をぼかしましょう。テクスチャーがかためのスティックタイプなどは、体温で馴染ませやすくできるので、指で塗るのがオススメです。

フェイスパウダー

ベースメイクの仕上げはフェイスパウダーを全体に広げます。細かいパウダーが皮脂やファンデーションの油分を吸収し、見た目も触り心地もサラサラに仕上げてくれます。余計な油分にパウダーを吸着させることで、メイクのもちを良くしてくれるので、フェイスパウダーは必須です。パフを使うと重めなマットっぽい仕上がりに、ブラシを使うとふんわり軽めなツヤを残した肌に仕上がります。

フィックスミスト

ベースメイクが終わり他のアイメイクなども全て仕上がったら、最後にフィックスミストを吹きかけるとメイクの持続力がまるで違います。容器を顔から2~30cmほど離して、顔全体に満遍なくふりかかるようにしましょう。ふりかかったミストが落ち着く前に顔を触ってしまうと、化粧崩れの原因となってしまうので注意しましょう。

崩れしらずのおすすめアイテム

ここからは、汗や皮脂に強い崩れしらずのコスメや、化粧崩れを防止してくれるアイテムをご紹介していきます。化粧崩れでお悩みの方はぜひ参考にしてください。

崩れしらずのおすすめ収れん化粧水

資生堂「エリクシール ホワイト トーニングローション」

パウダー配合の化粧水で、皮脂のよるベタつきや化粧崩れを防いでくれます。ふんわりフローラル系の香りで、クセのない使い心地が特徴です。肌を整える有効成分が含まれており、しっかり保湿をしつつサラサラな仕上がりを実現してくれる化粧水です。

エリクシール(ELIXIR)
¥4,400 (2022/06/11 16:55時点 | Amazon調べ)

崩れしらずのおすすめ下地

セザンヌ「皮脂テカリ防止下地」

この化粧下地は皮脂吸着パウダーが配合されており、テカリを抑えてくれるだけでなく化粧持ちも良くしてくれます。また、パウダーによって肌のデコボコも埋めてくれるので、綺麗な見た目に仕上げてくれます。「CEZANNE(セザンヌ)」の化粧品はプチプラでコスパがかなり良いので、人気のある商品です。

崩れしらずのファンデーション

MAQuillAGE(マキアージュ)「ドラマティックジェリーリキッド ファンデーション」

「崩れないファンデーション」として人気で、13時間も崩れしらずと言われています。ファンデーションとしてのカバー力も高く、肌のシミやくすみなどの隠したい部分をしっかりカバーしつつ、軽い付け心地で素肌感を残してくれる優秀さです。UVカット効果のある成分も配合されているため、紫外線対策も心配ありません。

崩れしらずのパウダー


innisfree「ノーセバム ミネラルパウダー N」

皮脂吸着パウダーとミネラル皮脂コントロールパウダーが配合されたきめ細やかなパウダーで、思わず触りたくなるようなすべすべ肌に仕上がります。肌のくすみの原因である余分な皮脂を吸着することで、肌をワントーン明るく見せてくれる効果もあります。持ち運びに便利なコンパクトなサイズなので、もし出先でテカリやベタつきが気になっても、簡単にお直しすることができます。

イニスフリー(innisfree)
¥734 (2022/06/11 16:54時点 | Amazon調べ)

崩れしらずのフィックスミスト

サートインサイト「ウルトラセッティングリアルフィクサー」

SNSでも話題を呼んだフィクサーです。メイクの仕上げとして顔全体に吹きかければ、一日中メイクをキープし化粧崩れを防止します。きめ細かい霧のようなミストでメイクの仕上がりへの影響を気にすることなく使うことができ、肌への密着度も高いです。また、メイクの途中にスポンジやブラシに吹きかけて使うことで、よりしっかりメイク崩れを防止するという裏技もあります。

一日中気にせずはしゃげるメイクをしよう

化粧崩れの原因から対策、オススメアイテムまでご紹介してきましたがいかがでしょうか。せっかく時間をかけてメイクをしたのに、最後まで持たずに崩れてしまうのは悲しいですよね。これからメイクをする際はぜひこの記事を参考にしていただいて、一日中気にせずはしゃげるメイクのお手伝いができたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

izumi izumi ATELIER CARINO 編集長

ATELIER CARINO編集長。最大手美容学校グループの国試対策の全国模試において、トップの過去実績あり。行動と同時に頭で考える思考派。アシスタントとして、スタイリストデビューを目指す傍ら、Z世代のリアルを反映した「新しい美容師」としてのキャリアや可能性をメディアを通じて発信。

目次
閉じる