美容師にはどうしたらなれる?ケース別の最短の免許の取り方とメリット・デメリット

美容師になるには絶対に必要な美容師免許の最短の取り方を知りたい方へ。本記事では、数ある美容師国家資格の取得方法を、どんな方に最適な方法なのか、メリット・デメリットも含めてご紹介していきます。学生さんのみならず、美容師免許の取得を考えている方はぜひ参考にしてください。

目次

最短で美容師になる方法

美容師免許の取得方法は専門学校に入学する以外にもいくつかあります。人それぞれの美容師を志し始めた時期や経済状況などによって、どの免許の取得方法を選ぶかが変わってきます。最適な取得方法を選ばないと、美容師までの道のりが逆に遠のいてしまうこともあるので、しっかり調べましょう。

中学生から美容師になることを決めている人

高校に進学する前から美容師になることを決めている人は、高校卒業資格と美容師免許を同時に取得できる専修高等学校に進学する方法があります。美容師免許取得方法の中で、最年少で美容師デビューすることができるのが大きな特徴です。学習科目が多く、休みなどを使って国家試験に向けた練習をするので、体力や忍耐力が問われますが、普通に専門学校からデビューした人よりも2歳若い年齢から現場に出ることができるメリットがあります。

メリット

・高校卒業資格と美容師免許を同時に取得できる
・若い年齢で美容師デビューできる
・美容についての勉強がない高校3年間を、好きなことも一緒に学ぶ3年間に変えられる

デメリット

・学科科目が多い
・この仕組みを取り入れた学校が少ない
・一度にかかる費用が大きい

専門学校に進学して免許を取得する方法

高校を卒業後に専門学校に進学して免許を取得する方法です。美容師になりたいと志望する人が通る道として、一番スタンダードな方法になっています。美容専門学校は、厚生労働大臣指定校とそれ以外があり、美容師免許を取得できるのは厚生労働大臣指定校です。それを間違えてしまうと、美容師免許を取得することができない2年間を過ごすことになるので注意してください。

メリット

・専門学校によって学科やコースが豊富
・美容師以外の道も開ける
・学校数が全国的に多い

デメリット

・高校卒業資格が必要なところが多い
・時間が拘束される
・学校による学費の差が大きい

サロンに就職してから美容師免許を取得する方法

美容師免許を取得する前にサロンに就職して、働きながら資格取得を目指すという方法もあります。サロンで働きながら資格取得を目指す場合、国試勉強や技術練習ができる環境が整っていることが大切です。サロンによっては助成金を利用し、通信でかかる費用について負担してくれる場合があるので、その取り組みがある会社かどうか調べてみましょう。

メリット

・国試勉強の間にアシスタントとして働いているため、免許取得後のスタイリストデビューがはやい
・学費を稼ぎながら免許の取得を目指せる
・学校という場が苦手な人でも安心

デメリット

・営業時間外で練習や勉強をするため、時間的にも体力的にも大変
・学校に通って免許取得を目指すよりも、合格率が低い
・自宅学習が主で、モチベーションを維持するのが難しい

仕事帰りに学校に行って美容師免許を取得する方法

通信による資格取得を目指す他に、夜間の学校に通って美容師免許を取得する方法もあります。昼間は働いて学費を稼ぐことも可能ですし、他の業種の方でも、その仕事を辞めずに美容師になることを叶えられるのが特徴です。

メリット

・通信過程に比べて短い期間で免許を取得することができる。
・さまざまな年代の学生がいるため、気にせず学べる。

デメリット

・働きながらのため体力的に大変
・昼間課程の学校に通って免許取得を目指すよりも、時間がかかることもある

美容師免許の最短取得は2年、18歳で取ることも可能

美容師免許の取得方法はさまざまあり、自分の生活スタイルや人生計画によって選ぶ必要があります。一番合っている取得方法を選ぶことで、時間やお金を無駄にせずに最短で美容師の道に進むことができます。もし、美容師を目指そうと決めたら、この記事を参考にして免許の取得方法を選んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

izumi izumi ATELIER CARINO 編集長

ATELIER CARINO編集長。最大手美容学校グループの国試対策の全国模試において、トップの過去実績あり。行動と同時に頭で考える思考派。アシスタントとして、スタイリストデビューを目指す傍ら、Z世代のリアルを反映した「新しい美容師」としてのキャリアや可能性をメディアを通じて発信。

目次
閉じる