【東京エリア】ヘアメイク科があるスクールおすすめ7選|国家資格が取れる美容専門学校を大公開!

美容師免許の取得とヘアメイクアーティストを目指せる、ヘアメイク科がある東京の美容学校を知りたい方へ。本記事では、美容専門学校の選び方や見極め方から、東京でヘアメイクを学べるおすすめの専門学校や短大まで大公開します。美容師やメイクアップアーティストになりたい方にはおすすめの内容になっていますので、気になった方はぜひチェックしてください。

本サイトでは、美容師とヘアメイクアップアーティストを兼務する人材を「ヘアメイク師」と総称しています。

目次

【東京】美容専門学校の選び方|比較方法を解説します!

美容師とヘアメイクアップアーティストを兼務する、ヘアメイク師として活躍するための基礎を学ぶために、ヘアメイクスクールや専門学校、短大へ通うことを検討している方もいるでしょう。スクールを選ぶ際には人気や有名かどうかではなく、複数の美容学校を比較して検討することが必要です。ここからは選び方のポイントをお伝えします。

選び方1. 美容師免許の取得可能なヘアメイクコースがある学校を選ぶ

まず、当たり前のことに思えるかもしれませんが、美容師免許の取得カリキュラムのあるヘアメイク専門の学科やコースのある美容学校を選びましょう。短大や専門学校、スクールによっては、ヘアメイクのみのカリキュラムしかなく、美容師免許の取得カリキュラムが組まれていないところもあります。

ヘアメイク師としてプロを目指していても、美容師免許の取得ができるヘアメイクコースでなければ、通信や夜間課程で美容師免許の取得をしなくてはなくなり、時間も費用もかかることになってしまいます。必ず、美容師免許取得カリキュラムが組まれているヘアメイク学科を設立している美容学校を選びましょう。

選び方2. 立地やアクセスの良さをチェック

自宅や学校、職場から通いにくい距離の場所にある美容学校では、最後まで通うのに苦労してしまうでしょう。できるだけ通いやすい立地やアクセスの良さの美容学校を選んでくださいね。 また、ヘアメイク師を目指す学生は必然的に荷物が多くなります。重い荷物を抱えて歩くことを考えると、駅から近い美容学校の方が通いやすいといえます。

他にも、美容学校や最寄り駅の周辺に、美容室やコスメショップ、アパレルショップなどがある美容学校だと、トレンドや最新作などに敏感な人が集うので、いち早く情報を集めることができます。何より自分自身も楽しめますし、時間潰しにも困らなくなるのでおすすめです。

選び方3. 口コミや評判をチェック

いくら人気のある美容学校でも自分にとって相性のいい美容学校とは限りません。美容学校のサイトを確認することはもちろんですが、なかなかそれだけでは実情がわからないものです。 そのような時は、SNSや口コミサイトなどで、在校生や卒業生の言葉をチェックすると、実際の美容学校の状況が見えてきます。

課題が多く出されるので大変、意外と実習が多くて充実している、キャリアが明確で安心できるなど、公式サイトを見てもわからない生の声を集めるのも選び方のポイントです。学校名で検索したり、「学校名 口コミ」で検索してみると見つけやすいでしょう。

選び方4. 施設や設備の充実度をチェック

美容業の設備は新しい設計や機能が次々に登場し、もともとある設備はすぐに古くなりがちです。美容学校の設立時期に関わらず、定期的に設備が入れ替えられているのかや、どのサロンに就職しても困らないよう実習できる機能があるかについて、事前にチェックしておきたいところです。

また、ヘアメイクに関する設備に関しては、鏡などが揃ったヘアメイク専用のセット面に限らず、撮影ができるスタジオやある程度の衣装などが揃えられている美容学校の方が、より現場に近い実践的な経験が積めるのでおすすめです。

美容学校の設備は、公式ホームページに記載されていることがほとんどですが、実際に学校に通いその設備を使用して実習している現役美容学生、もしくは卒業生の口コミを参考にしてみると、よりリアルな情報を得ることができます。

選び方5. 卒業生の進路や就職先をチェック

美容学校を卒業後は、ヘアメイク事務所やヘアセットサロン、美容室、ブライダルサロンなどに就職することが多いです。しかし、自力で就活しなければいけないと就職が難しいことも。卒業生のヘアメイクアーティストがどのようなキャリアを進んでいるのかを知っておくと、自分の進路も予想しやすくなります。

講師であるプロの美容師からの紹介で美容室に就職しやすかったり、人気でなかなか求人の出ない舞台関係や有名ブライダル業界への就職に有利なスクールも。学べる内容だけでなく、その後の進路についても口コミや評判を確認しておきましょう。

【東京】美容学校おすすめ7選|都内で人気の美容専門学校を大公開!

美容室や撮影現場、ブライダル業界、ショービジネス業界など場所にかかわらず、お客さんから高い評価を受けたら嬉しくなります。経験を重ねるたびに個性が出てくるものですが、まずはヘアメイク師として基礎となるスキルを身につけることが必要です。

ここからは、東京で人気の美容師免許を取得とヘアメイクを学べる美容学校を一覧でご紹介します。気になる美容学校があれば、資料請求をしたり、サイトを見たりして、コースの詳細を一覧で見ておくといいでしょう。

ヘアメイク美容学校おすすめ1. 東京ビューティーアート専門学校

映画やテレビ、CMなどで活躍するヘアメイクアーティストの育成を目的としたヘアメイク科があります。美容師国家資格をはじめ、日本化粧品検定1~2級、トータルメイクアップ検定ベーシック・アドヴァンス、きもの講師免許2~3級などヘアメイク、メイクアップ、着付けに関する資格の取得を在学中に目指します。

2年間で美容師国家資格が取得できるほか、ヘアメイクアーティストになるための専門的な技術が学べるオリジナルカリキュラムを展開しているのが特徴です。ヘアメイク師を目指したい人にメリットの大きいコースでしょう。

ヘアメイク美容学校おすすめ2. ベルエポック美容専門学校

ベルエポック美容専門学校のヘアメイク科は、ヘアメイクやメイクアップのための専門職種への就職を目指す学科です。在学中はJESCメイクアップアーティスト検定と着付け初伝の資格取得を必修としています。選択として美容師国家資格、JNECネイリスト技能検定試験2級・3級、、JNAジェルネイル技能検定試験初級、着付け中伝、TOPSS[Test Of Personal Styling Skillsの資格取得を目指せます。ここで美容師国家資格を選択することで、ヘアメイク師になることが可能です。

卒業生の進路としては、ヘアメイクアーティスト、ブライダルヘアメイク、美容師などがあります。現場での実習件数は1,000以上あるため、現場で必要な実践的な技術を学べるのがメリットです。

ヘアメイク美容学校おすすめ3. 高山美容専門学校

高山美容専門学校が併設している学科は、美容科のみですが、「全員免許+自由選択授業」カリキュラムというカリキュラムがあります。

「全員免許+自由選択授業カリキュラム」では、1年生で全ての美容技術の基礎を学び、2年生では選択授業を自由に選んで学べるのが特徴です。2年次、進路や取得したい資格などに応じて以下の科目から4科目を履修します。

・カット&スタイリング・メイク・アップスタイル・デザイン&フォト・エステティック・サロントレーニング・ジェルネイル・ネイルプロフェッショナル・着付け・カラー・マツエク・フォローアップ・プラクティス

ここでメイクやアップスタイルの科目を選択することで、美容師免許の取得とヘアメイクの学習が可能になり、ヘアメイク師になることができます。ヘアメイク師を目指すための科目選択以外に、ネイルやエステなども洗濯することができるので、卒業後の進路の選択肢を増やすことができるのが高山美容専門学校のメリットです。

ヘアメイク美容学校おすすめ4. 東京総合美容専門学校

東京総合美容専門学校の美容科は、学びたい内容に応じて3つのコースから選べる学科です。全コースで在学中の美容師国家資格取得を目指します。ヘアメイクコースか美容師総合コースを選択することで、ヘアメイク師になることが可能です。

ヘアメイクコースは、将来メイクアップアーティストを目指す人のためのコースです。ヘアメイク師になるには美容師資格が必須となりますが、東京総合美容専門学校なら取得しながらヘアメイクも学べます。美容師総合コースは、ヘアやメイクのほか、着付けやネイル、エステなど美容に関する総合的な技術を学べるのが強みです。

東京総合美容専門学校は、通学制の学科だけでなく、自宅でのレポート作成と提出、通学によるスクーリングを組み合わせて卒業する通信科も設けています。ライフスタイルに合わせて通学スタイルが選べるのも、東京総合美容専門学校のメリットです。

ヘアメイク美容学校おすすめ5. 資生堂美容技術専門学校

資生堂美容技術専門学校の美容師科にはヘアスタイリストコース、ビューティースペシャリストコースがあります。

ヘアスタイリストコースはヘアサロンやファッション雑誌などの世界で活躍するヘアスタイリスト、ヘアメイクアップアーティスト、ヘアカラーリストなどを目指せる学科です。卒業生のほとんどがヘアスタイリストとして活躍しています。ビューティースペシャリストコースは、ブライダルやネイル、メイクを重視して勉強するコースです。ヘアメイクアップアーティストやブライダルスタイリスト、ネイリストやアイリストを目指せる強みがあります。

在学中に美容師国家資格の取得を目指すため、筆記試験と実技試験を想定した課題授業を展開しています。また、カリキュラムの大半を座学ではなく実習に充てているのも特徴です。カリキュラムの内訳は、実習が1290時間、講義510時間、講義210時間となっています。知識を得るだけでなく、将来就職先や内定先ですぐに発揮できる実践的な技術を身に付けられる強みやメリットもあります。

ヘアメイク美容学校おすすめ6.国際理容美容専門学校

国際理容美容専門学校には、美容師やヘアメイクアップアーティストを目指すための学部や学科が設置されているのが特色です。国際理容美容専門学校では、以下の美容系学科やコースが併設されています。

  • 理容科
  • 美容科
  • 美容科産学連携実践型コース
  • ビューティアーティスト科
  • ビジネス美容科
  • 通信課程(理容科・美容科)
  • 通信課程(修得者コース)

ヘアメイク師を目指すなら、ビューティーアーティスト科がおすすめです。ビューティーアーティスト科は、発信力や技術力、柔軟性などを持ち第一線で活躍できるヘアメイクアップアーティストやブライダリスト、ネイリストなどを目指せるメリットのある学科です。

海外でコレクションの経験のあるハイレベルな講師から直接指導が受けられます。色彩検定2級やネイル技能検定2級、ジェルネイル検定中級など上級検定取得が必須、さらに校内で受験できる資格検定が多数あり、資格取得数は都内の専門学校でナンバーワンをほこるのも強みです。

通信課程とのWスクールを併用すれば、ビューティーアーティスト科の在学中に美容師国家資格の取得ができるので、ヘアメイク師を目指すことが可能です。

ヘアメイク美容学校おすすめ7. 町田美容専門学校

設置している学科は美容学科のみですが、昼間通学で美容師国家資格取得や就職を目指す職業実践専門課程と、ライフスタイルに合わせて多様な学びができる通信課程を設けています。また、姉妹校として中学卒業後高等課程として通学しながら美容師国家資格取得が目指せる、町田美容専門学校高等課程も併設されています。

町田美容専門学校は、美容師やヘアメイクアップアーティストを目指すための美容学科があります。美容学科は、職業実践専門課程として認定されています。町田美容専門学校の美容学科は、美容師やヘアメイクアップアーティストとして社会に美を提供できる人材の育成を目的としているのが特徴です。美容学科には、以下4つの特色があります。

・文部科学大臣認定「職業実践専門課程」認定校
・「美」をトータルで学ぶカリキュラム編成
・高齢社会に対応できる美容師の育成
・少人数制による全員指導体制(スキルアップ制度)

職業実践専門課程に認定された高度な教育が受けられるのがメリットです。美をトータルで学ぶためさまざまなスキルを身に付けたヘアメイク師を目指せます。在学中は福祉ボランティアの機会も多く、福祉系姉妹校と提携し、希望者は介護職員初任者研修修了者の資格取得も可能です。ヘアメイクしにさらにプラスしてスキルを身につけたい方におすすめです。

最先端の東京で輝くヘアメイク師になろう

ヘアメイク師を目指せる東京の美容学校についてご紹介しました。ヘアメイク師になるには、美容師免許の取得とヘアメイクの技術が必要になります。ヘアメイクアップアーティストを目指す人が増えたことにより、近年では、ヘアメイク専門の学科やコースを設立する美容学校が急増していますが、すべての学校で美容師免許の取得が可能なわけではありません。現場で輝くヘアメイク師になるためにも、さまざまな美容学校を比較して自分に合ったスクールを選択しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

izumi izumi ATELIER CARINO 編集長

ATELIER CARINO編集長。最大手美容学校グループの国試対策の全国模試において、トップの過去実績あり。行動と同時に頭で考える思考派。アシスタントとして、スタイリストデビューを目指す傍ら、Z世代のリアルを反映した「新しい美容師」としてのキャリアや可能性をメディアを通じて発信。

目次
閉じる