【一覧】日本人特殊メイクアーティスト|日本国内外で活躍しているヘアメイクまとめ

映画やテレビなどで活躍する日本人特殊メイクアーティストを一覧でまとめました。日本国内にとどまらず、海外でも活動している日本人特殊メイクアーティストをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

目次

【一覧】日本人特殊メイクアーティスト|日本国内外で活躍しているヘアメイクまとめ

あなたが目標にしたいと思う特殊メイクアーティストはいますか?目標にできる「あの人」がいると、日々のモチベーションも上がりますよね。ここからは、日本国内にとどまらず、海外でも活動している日本人特殊メイクアーティストをご紹介します。

憧れのあの人についてもっと知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。「こんなヘアメイクアーティストになりたい!」という憧れの人物や、「このアーティストさんと一緒に働きたい!」という目標も見つけられるはずです。

有名特殊メイクアーティスト1.カズ・ヒロ

引用:https://www.instagram.com/p/Cei2g8cOFRl/?utm_source=ig_web_copy_link

かつて辻 一弘(つじ かずひろ)として活動していたカズ・ヒロさん。2019年3月に日本国籍を離れて、米国の市民権を取得し、名前をカズ・ヒロ(Kazu Hiro)に改名しました。

2017年公開の映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で、主演をつとめたゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当し、第90回アカデミー賞においてメイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人として初めて受賞。大きな話題となりました。

改名後の2019年公開の映画「スキャンダル」の特殊メイク担当に、シャーリーズ・セロンからの強い希望により参加し、第92回アカデミー賞で2度目のメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しました。

アメリカ国籍に帰化しロサンゼルス在住で、アメリカ合衆国のメイクアップアーティスト、現代美術家となりましたが、特殊メイクを志す日本人にとって、カズ・ヒロさんが日本が誇るアーティストであることに変わりありません。

インスタグラム:https://www.instagram.com/kazustudios/
公式ホームページ:https://kazustudios.com/

有名特殊メイクアーティスト2.江川悦子

引用:https://www.instagram.com/p/Ca80lWFOTz8/?utm_source=ig_web_copy_link

江川 悦子(えがわ えつこ)さんは、日本の特殊メイクアーティストで、現在メイクアップディメンションズの代表を務めていらっしゃいます。

徳島県出身で、ファッション雑誌「装苑」の編集者として入社後、夫の海外赴任に伴い退社。1979年、ロサンゼルス在住中に特殊メイクの学校「Joe Blasco make-up Center」へ入学されました。「メタルストーム」「砂の惑星・デューン」「ゴーストバスターズ」などの映画にスタッフとして参加経験を積み、帰国後に現在の特殊メイク制作会社を設立しました。

1987年、『親鸞・白い道』で日本映画初参加したのち、数々の映画、ドラマ、CMの特殊メイクを担当しています。

映画「ゲゲゲの鬼太郎」「おくりびと」NHK大河ドラマの数々(「麒麟がくる」「青天を衝け」「鎌倉殿の13人」など)、三谷幸喜監督作品や北野武監督作品をはじめ、数え切れないほどの名作に参加され、「文化庁の2021年度芸術選奨映画部門」で「文部科学大臣賞」を受賞されました。

インスタグラム:https://www.instagram.com/makeupdimensions/
公式ホームページ:https://www.mud.jp/

有名特殊メイクアーティスト3.Amazing JIRO

引用:https://www.instagram.com/p/CgwfQxiBC-E/?utm_source=ig_web_copy_link

フェイス&ボディペイントや特殊メイクアーティストのAmazing JIROさん。技術・技法は問わず、映像、広告、イベント、ファッション等々幅広い分野にてデザインとクリエイティブ制作、および、ディレクションを担当し、有限会社自由廊の代表を務めていらっしゃいます。

昭和学院秀英高等学校を経て東京芸術大学卒業後、特殊メイクの道に入り、TVチャンピオンの特殊メイク王選手権第5回・第6回にて優勝(2連覇)した経歴があります。2005年には「代々木アニメーション学院・特殊メイク科」にて専任講師を務め、特殊メイクについて指導もしておられました。

「Amazing School JUR」という、『自由廊』が特殊メイク・造形の技術を次の世代に伝えるべく開設したスクールも展開されており、その講師陣は、JIROさん本人をはじめとした100%現役のスペシャリストで構成されています。

カルチャースクールのような気軽に体験出来るといった内容のものではなく、基礎的なものから最先端の技術に至るまで、様々な素材や技術に対応した、1年間で確実に知識やスキルを身に付けられる盛りだくさんな内容になっています。

インスタグラム:https://www.instagram.com/amazing_jiro/
公式ホームページ:https://jiyuro.net/

有名特殊メイクアーティスト4.AKIHITO

引用:https://twitter.com/AkihitoSculpt/status/1561108563358912512?s=20&t=xgYNcIqA1-AUH9l2t-NyjA

「TVチャンピオン特殊メイク王選手権」で3連覇を果たし、現在は様々なハリウッド映画の特殊メイクを手がける特殊メイクアップアーティストのAKIHITOさん。毎年ロサンゼルスで開催されるメイクの祭典「IMATS」メイクコンテスト、 アバンギャルドメイクアップ部門で優勝した、唯一の日本人でもあります。

2002年に渡米し、はじめて携わった映画は「ハルク」の粘土彫刻とペイント担当。ロサンゼルスにある特殊メイク工房KNBにおられたそうです。そのほかにも、「トランスフォーマー」「ミスト」「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」「ドラゴンボールZ」「ターミネイター4」「アリス・イン・ワンダーランド」などなど、有名な作品ばかりの特殊メイクも手がけています。

現在は有限会社真偽屋(しにせや)の代表を務め、最新の作品を発信している傍ら、講演会やセミナーなど幅広く活躍しています。

Twitter:https://twitter.com/akihitosculpt
公式ホームページ:https://cgworld.jp/special/productiongallery/akihito.html

有名特殊メイクアーティスト5.原口智生

原口智生さんは日本の特殊メイクアーティストで、造型師、映画監督、映画特技監督として活動されています。1979年に造形工房モンスターズに所属して、1984年に独立。特殊メイク工房FUNHOUSE(現:中州プロ)を設立し、映画やテレビなどで活躍されるようになりました。

1988年にはベルギー・ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭スペシャル・メイクアップ・コンペティションにおいてグランプリを受賞。また、2001年カナダ・モントリオール映画祭Fantasia2001コンペティションにおいて準グランプリを受賞した経歴をお持ちです。

「ウルトラシリーズ」や「ガメラシリーズ」「仮面ライダーシリーズ」に特殊メイクとして参加し、「ウルトラシリーズ」には監督としても参加されていました。

有名特殊メイクアーティスト6.百武 朋

引用:https://www.instagram.com/p/CcpzsqvPiD-/?utm_source=ig_web_copy_link

キャラクターデザイン・特殊メイク・特殊造型家として活動されている百武 朋(ひゃくたけ とも)さん。岩手県出身で、日活映画芸術学院で映画美術を学び、1992年に代々木アニメーション学院・特殊メイクコースに進学。在学中は、スクリーミングマッドジョージ氏や竹谷隆之氏、韮沢靖氏、高柳祐介氏、KAZU氏、松井祐一氏に造形・デザインを学びました。その後は独立し、MVやTV、イベントの造形デザインを担当。2004年に株式会社百武スタジオを設立しました。

これまで参加した主な作品は「CASSHERN」「妖怪大戦争」「20世紀少年」シリーズ、「スマグラー おまえの未来を運べ」「テルマエ・ロマエ」シリーズ、「ライチ☆光クラブ」「ミュージアム」「シン・ゴジラ」「こどもつかい」「あゝ、荒野」

「東京喰種 トーキョーグール」シリーズ、「22年目の告白 -私が殺人犯です-」「AI崩壊」、「映画刀剣乱舞」「恐怖の村」シリーズ、「ホムンクルス」「鳩の撃退法」「ヤクザと家族 The Family」

ドラマ「アバランチ」「鵜頭川村事件」「KAPPEI カッペイ」「映画『おそ松さん』」「JAM -the drama-」「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」など、有名な作品ばかりです。

インスタグラム:https://www.instagram.com/hyakutyake_chomo/
公式ホームページ:https://cgworld.jp/special/productiongallery/hyakutake.html

世界を見る特殊メイクアーティスト

有名な日本人特殊メイクアップアーティストについてご紹介しました。特殊メイクを極め、有名な作品に携わっているアーティストさんは、みなさん世界を舞台に活躍していることがわかりました。気になる特殊メイクアーティストさんには出会えましたでしょうか。

自分の好きな映画作品の特殊メイクを担当していらっしゃるアーティストさんの発見や、「CGじゃなく特殊メイクだったの!?」というような驚きもあるかと思います。そんなワクワクドキドキを与えてくれる特殊メイクの世界。目指している方は、ぜひ頑張ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

izumi izumi ATELIER CARINO 編集長

ATELIER CARINO編集長。最大手美容学校グループの国試対策の全国模試において、トップの過去実績あり。行動と同時に頭で考える思考派。アシスタントとして、スタイリストデビューを目指す傍ら、Z世代のリアルを反映した「新しい美容師」としてのキャリアや可能性をメディアを通じて発信。

目次
閉じる