【美容室で働く】教育カリキュラムを紹介『乳化#10』

美容室で髪を染めた後は必ず、カラーシャンプーをしますよね!シャンプー前にカラー剤とお湯を混ぜながら、くるくるとマッサージされた記憶がある方が多いのではないでしょうか?美容室では、このくるくるを『乳化』といいます。ここではとても大切なシャンプー前の『乳化』について解説していきます。

目次

乳化って?

一般的に油と水を混ぜ合わせてクリーム状にすることを『乳化』といいます。美容室での『乳化』は、カラーシャンプー前に少量のお湯と頭皮に塗ってあるカラー剤を混ぜ合わせて白っぽいクリーム状にする事です。ほとんどの美容室でカラーシャンプー前に行われる『乳化』。なぜその工程が入ってくるのでしょうか?乳化する事で得られるメリットを理解しましょう。

乳化の目的1 頭皮からカラー剤を浮かせる

乳化によってカラー剤が頭皮から落ちやすくなるメリットがあります。毛穴に入り込んだカラー剤も、乳化で落とす事ができます。特に色味が濃いカラー剤の場合、上手く乳化されていないと、頭皮が染まったままでフェイスラインに黒い線が残ってしまったなんて事になりかねません。カラー剤は、カラー剤でしか落ちないという事をしっかり肝に銘じて乳化しましょう。

乳化の目的2 カラーの色を馴染ませる

乳化によって全体のカラーの色味をなじませるメリットがあります。基本的には、ムラなく綺麗に塗布されているカラー剤ですが万が一の塗り残しがあった場合、乳化でぼかす事ができたり、全体を均一に馴染ませる効果があります。また、リタッチのみの場合、乳化するとこで染めてない中間部分への色馴染が期待できます。

乳化不足によるデメリット

まず、乳化不足によりカラー剤が落ちにくい状態でシャンプーに入った場合のデメリットを紹介します。

・お流しでカラー剤が落ちない又は流しに時間がかかる。
カラー剤は意外と粘着力が高く、頭皮や髪の毛にしっかりついています。ここでしっかり落とさないとシャンプーでも落ちません。

・地肌が痒くなる

頭皮が染まってしまった状況は頭皮にカラー剤が残っているという事です。長時間頭皮にカラー剤が付いている事で痒みがでたり、湿疹が出ることも!そのような事がおきないようにしっかり乳化していきましょう。

乳化のやり方

ここからは基本的な乳化のやり方を解説していきます 7個のポイントもあります。しっかり覚えて手際よく出来るようにしましょう!

少し温めのお湯をシャンプーボールにためる

カラー直後の頭皮は敏感になっているので、お湯の温度に気をつけましょう。少量のお湯を少しづつ足しつつフェイスラインからくるくると薬剤を浮かすように馴染ませます。この時、お顔にカラー剤が広がらないように気をつけます。フェイスラインが終わったら徐々に頭全体に広げていきます。襟足も、シャンプーでネープを流す時のようにして首を支えて空いている手で乳化します。顔まわり、正中線は残りやすいので、特にオーバーラップするようにしていきます。白っぽくクリーム状になったら毛先も包むように全体的に馴染ませて完了です。時間がかかりすぎてしまうと、求めている仕上がりよりも濃く入ってしまうので2.3分ぐらいを目安に終われるようにします。

⚠ お湯を足しすぎない

最初からお湯が多すぎると、乳化の効果が発揮されず頭皮にカラー剤が残りやすくなります。お湯とカラー剤の分量を考えながら乳化していきましょう。

カラーシャンプー

全体に白っぽくクリーム状になったらお流ししていきます。シャワーをあてながら、しっかり掻いて指で頭皮を擦って浮き上がったカラー剤を落としていきます。乳化がきちんとされていると流しが終わった段階で頭皮にカラーが残りません。その後、通常のシャンプーをして完了です。

乳化のポイント

① 温めのお湯で
② 最初からお湯を足しすぎない
③ 擦らず優しく浮かすように
④ 残りやすい正中線やフェイスラインはオーバーラップしながら
⑤ 顔にはみ出さない
⑥ 毛先全体にも乳化して色をなじませる
⑦ シャワーで落ちるぐらいまで頭皮がカラー剤を浮かせる

まとめ

いかがでしたか?乳化の大切さがお分かりいただけたかと思います。明日からのカラーシャンプーに活かして喜んでいただけるシャンプータイムをご提供しましょう。

|YouTube動画で紹介|#10【乳化】編

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

abie hair 在籍。新店舗オープンに携わりながら現在ディレクターを務める。女性美容師ならではの視点でエイジレスな女性に必要な情報を発信します。

目次
閉じる